内服薬と外用薬により男性ホルモンの働きを弱めることができる!?

男性の薄毛と抜け毛を促進する男性ホルモンですが、その働きを弱めるためには様々な方法が存在しません。男性ホルモン自体の働きを弱めることから、男性ホルモンが実際に髪の毛を薄くする作用を持つ物質に変わるときに使われる酵素の働きを弱めるといった方法も存在します。その媒介となる酵素の働きが弱まることにより、結果として髪の毛が疼くなることを防ぐという形です。こういった作用は、内服薬を利用して行われることが一般的です。内服薬を利用することで、酵素の働きを阻害する成分を効率的に体内に取り込むことができるのです。こうした内服役はアメリカなどでよく発達しています。

内服薬と外用薬を用いるメリット

髪の毛を育てる環境を作るためには、様々な取り組みが存在します。髪の毛に良い栄養素を補給することも大切ですし、頭皮の血行を良くすることも大切です。しかし、男性ホルモンの働きによる薄毛・抜け毛の場合は、それらだけでは目立った効果が期待できない場合があります。それは男性ホルモンの働き自体は弱くなっていないためです。

そうしたときに便利なのは内服薬と外用薬です。これらはサプリのように経口摂取するものと、患部に塗るものに別れます。男性ホルモンの働きを弱める効果を持つ内服薬と外用薬であれば、コストこそそれなりにかかりますが、直接的な効果を期待できるといったメリットがあります。

サプリ先進国のアメリカで人気のもの

アメリカでよく用いられているサプリとしてはプロペシアが挙げられます。プロペシアは、フィナステライドという成分を含んでおり、これが、男性ホルモンが毛根の細部に入り込みDHTと言う物質に変わる際に必要となる酵素の働きを抑えます。実際にアメリカで行われた実験では、1日1ミリグラムのプロペシアの内服を1年間続けた男性の毛髪量は、服用しなかった男性グループに比べて直径2センチほどの面積で107本も多くなっていたとされています。これは実に驚くべき結果でしょう。

また他にも米国で予知夢よく用いられている外用薬としてロゲインというものが存在します。このロゲインは、強い血行促進作用を持っているんです。髪の毛が健康に育つために頭皮の血行は何よりも大切です。血行が悪いとせっかく摂取した栄養素は毛母細胞に届かず、毛母細胞の働きが活性化されないためです。

ロゲインはスプレーして使うものですが、毛根に浸透して頭皮の血行を大きく改善することが期待できます。そして、髪の毛が育ちやすい状況を作ってくれるのです。 頭皮の血行は頭皮が凝り固まることによりどんどん悪くなっていきます。そのため、頭皮をマッサージする習慣を持たない人は、加齢とともにどんどん頭皮が硬くなっていくのです。このような際はロゲインを使いながら頭皮のマッサージをしてことが効果的です。そうすることで、徐々に頭皮の頭皮を柔らかくすることができ、それが新しい髪の毛を生やすことにつながっていくのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です