洗いすぎからこそ良い!石鹸シャンプーを試してみよう

私たちの多くが普段使用してるシャンプーには合成界面活性剤というものが使われています。この合成界面活性剤は、髪の毛の材料となるタンパク質を溶かす効果を持っています。 つまり、髪が溶かされてしまう、髪の毛がどんどん細くなっていきます。つまり、枝毛や切れ毛の原因となるんです。さらにこれらの合成界面活性剤は頭皮にもどんどん染み込んでいきます。そして、毛母細胞に影響を及ぼし、抜け毛や薄毛を促進するデメリットがあるのです。つまり、シャンプーを変えるだけで頭皮環境が改善される可能性があるのです。

洗浄力は必ずしも強い必要はない

合成界面活性剤の含まれているシャンプーは洗浄力こそ強いものですが、私たちの普段の汚れにここまで強い洗浄力は必要ありません。これらの合成界面活性剤は頭皮にどんどん溜まっていき、毛穴に入り込みます。そして、新しい髪の毛が育つことを邪魔するのです。

石鹸シャンプーとは

そんな時にオススメなのが合成界面活性剤が含まれていない石鹸を使ったシャンプーです。これがは石鹸シャンプーと呼ばれており、頭皮に非常に優しいシャンプーなのです。石鹸シャンプーは石鹸を利用して髪の毛と頭皮を洗うことを指します。そのため、石鹸さえあれば、だれでもチャレンジすることができます。

しかし、石鹸を選ぶ際に注意していただきたいのが、合成界面活性剤が含まれていないものを選ぶということです。石鹸と言う名前ながらも合成界面活性剤が含まれてるものも存在するので、注意してください。また、石鹸は一般的なシャンプーに比べると洗浄力が弱い傾向があります。そのため、石鹸シャンプーの方法にはいくつかの注意点が存在します。

石鹸シャンプーの方法

初めに石鹸シャンプーを使う前に、水洗いで頭皮の汚れの大部分落としてしまう必要があります。そうすることで、洗浄力の弱い石鹸シャンプーであっても十分な洗浄結果を得ることができます。ぬるめのお湯で頭皮をゆっくりと洗い、指の腹を使って頭皮をマッサージしつつ汚れを落とすようにしてください。その後、手の中で十分に泡立てた石鹸を頭皮に使います。その際も指の腹を使って頭皮を優しくマッサージするイメージで洗っていくと良いでしょう。

1回の石鹸シャンプーで汚れが落ちてないと考え感じるときは2度目3度目の石鹸シャンプーをしてください。しかしながらそこまでデリケートに汚れを落とそうと考える必要はありません。私たちが普通に生活しているだけでは、頭皮にそこまでひどい汚れはたまりません。むしろ頭皮のべたつきは、頭皮の水分を保つための必要な油分です。この油分を落とし切ってしまうと、洗髪直後はさっぱりと気持ちが良いですが、時間が経つにつれて頭皮が乾燥し、かゆみや痛みの原因となります。

このように石鹸シャンプーは過度は頭皮を洗いすぎない優れたシャンプーとなります。頭皮がどうにもかゆいという方は、一度石鹸シャンプーを試してみてはいかがでしょうか?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です