男性ホルモンの働きを弱める!黄金キビの効果で育毛環境を改善する

男性の薄毛と抜け毛は、男性ホルモンの働きによることが多いとされています。加齢とともに体内の男性ホルモンの量が多くなり、男性ホルモンが活性化することにより、髪の毛を生やす働きを持つ毛母細胞の動きが弱くなってしまうのです。毛母細胞の働きを弱める男性ホルモン名前はテストステロンといいます。つまりこのテストステロンの働きを弱めることができれば、その分毛母細胞の働きが活性化するのです。今回はそんな効果を持つ黄金キビの紹介をいたします。

黄金キビとは

スイスでは200年以上昔から黄金キビを絞った汁を薬として飲む習慣があったとされています。この黄金キビの汁には、出産後の女性の弱った髪の毛にツヤとハリを戻す効果があると信じられていました。しかしこれはただの迷信ではなく、昨今は科学的な検証も進んできております。

植物性ステロイドの働き

髪の毛にツヤとハリを与える成分は植物性ステロイドというものであることが判明してきています。そもそもステロイドは人間が体内で作ることもできます。人間のステロイドはホルモンの1つなのですが、強力な抗炎症効果と免疫向上効果を持っています。体の中でステロイドが分泌されることによって、ストレスなので不調となっている体調を戻す効果があるんです。そして、これを外から摂取することで同じ効果を出そうとするのが植物性ステロイドです。

植物性ステロイドとして有名なものには大豆イソフラボンがあります。金キビに含まれる植物性ステロイドは前述したテストステロンの働きを抑える効果があります。つまり植物性ステロイドを摂取することによって毛母細胞の働きを活性化することができて、新しい髪の毛がどんどん生まれてくるんです。さらに黄金キビの植物性ステロイドには髪の毛の黒さを保つメラニンを合成する働きも存在します。黄金キビは日本で生のまま手に入れることは決して簡単ではありません。そのため、市販のサプリを利用するのが最もお勧めです。継続して摂取することによって、髪の毛に良い影響が与えられていくでしょう。

これからは黄金キビに注目すべき

このように黄金キビには独特の作用があります。テストステロンの働きを抑圧するため、男性ホルモンが原因となって進行している薄毛・抜け毛に効果が期待できるのです。薄毛・抜け毛の改善を目指す際は、自分自身の薄毛・抜け毛を進行させている原因に適した対策を取る必要があります。

そうすることで、より効率的かつ効果的に薄毛・抜け毛の改善を行うことができるのです。男性ホルモンによる薄毛・抜け毛は加齢により仕方のない側面も持っていますが、黄金キビを利用するとそれを食い止めることができます。男性ホルモンによる薄毛・抜け毛に悩んでいる方は、ぜひとも黄金キビの効果に注目してみてください。今までとは違った改善効果が期待できるかもしれません。

発毛させるにはAGAクリニックでの治療が必要

さまざまな、頭皮を守るための方法がありますが、あくまで予防の範囲にすぎません。本当に毛をはやすための発毛を願うのであれば、専門の病院にて受診されることをお勧めします。プロペシア、ミノキシジルなどの薬を利用することでかなりの高い確率で、薄毛の進行を止め、発毛を促進することができるようになっています。

AGAの病院はAGA料金調査隊というサイトの「AGA 東京 料金一覧」に詳しく掲載されています。さらに専門的なAGA薄毛対策情報や、全国の薄毛治療病院の費用と施術内容や医師によるコラムなどが詳しく掲載されていますので参考にしてください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です